福島の葬儀のしきたりや風習について

subpage1

福島の葬儀は火葬後に葬儀をする前火葬と、後にから火葬をする後火葬があり、江戸時代は会津藩や福島藩など大小の藩に分かれていて幕府の直轄地でもあり地域によって全く違う風習が残っています。

福島で葬儀に関する疑問にお答えします。

東北と関東の境にあるので関東地方の後火葬が混在している説もあります。

前火葬は午前中に火葬と午後に葬儀と告別式、初七日法要があります。


法要後は精進落しをしますが、親族を主に席を設置するときは後に休憩をしてから法要と食事、知人や友達などが参列するときは法要後に直ぐに食事をすることが多いです。



福島のしきたりでは葬儀の納棺のときに、副葬品として棺に刃物を入れることがあって男性だと剃刀で、女性だとはさみを入れる風習があります。遺体の上に魔よけとして刃物を置くこともありますがこれはそれとは異なるようで、湯灌を行うときに男性の髭を剃ったり、女性の髪を短く切ったりしていた名残だとされています。
一部の地域だと竹などを弓状に曲げて作る仮門を玄関の脇に設置して、出棺時に棺や葬列をくぐらせる風習が残っていて、これは死霊との別れを確実にするという意味があり出棺後に直ぐに壊してしまいます。


これを行うことで死者が戻ろうとしてもこの世とあの世の境になる門がなく、この世に帰ってこられないとされています。

農村部などは仮門を燃やす門火を焚く地域もあり、個人が迷うことなくあの世へと行ける様に思いが込められています。



他の県と同じように福島の葬儀でも告げ人の風習もあって、二人一組で訃報を知らせていたようで、告人と角折、わざふというように地域で呼び方も異なります。