給与の前払いシステムを導入

給与の前払いシステムというのは、通常決められた給料日が来るよりも前に受け取れるシステムのことです。

そんなものがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、最近は徐々にこのシステムを採用する企業が増えてきています。理由は人材の採用を容易にするためです。とくにフリーターやアルバイトが主戦力となっているような会社では、少しでも早く給与を受け取れるようにすることの需要が高く、そのために前払いシステムの採用が増えているのです。

もちろん会社にとっては種々の負担になることは間違いありません。自社内で行おうとすると事務手続きが増えてしまいますし、外部に委託しようとするとどうしてもコストが発生してしまうでしょう。ですが、外部に委託することで給与の前払いシステムを比較的低コストでも導入し運営できるようにもなってきているというのが最近のトレンドです。

専用のアプリケーションシステムを導入することで、会社側にとっても、また働く側にとっても複雑な手順を踏むことなく、またコスト的にもさほど大きな負担にならない範囲で利用することができるというわけです。

フリーターやアルバイトの人での採用がメインでしょうが、その便利さから正社員や派遣社員、契約社員といった人でも利用できるように範囲を広げる会社も出てきています。人材採用で有利になるということの他に、既に働いている人がちょっとしたことで退職してしまうのを防げる効果も期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *