給与の前払いシステムがあればやる気につながる

多くの企業で給与日は月に1回か月に2回が多いです。

そうなると働いてもすぐには現金が手に入らないというケースが多いです。特にすぐにお金が欲しくて、何かに使う予定のある方にとっては待ちきれません。せっかく働いたのに、その実感が先にならないと手に入らないなら、楽しみが減ってしまうと感じる方もいるでしょう。その給与日を変えることができるのが前払いシステムで、導入する企業も増えています。

給与の前払いシステムとはどんな内容なのでしょうか。通常は何も申請しなければ定めた日に全額が支払われます。しかし、そこまで待てない、早くほしいという方が前払いシステムを使って申請すると、正規の日を待たずに支払われるというものです。設定によって申請してから何日後に支払われるかは異なってきますが、それでも数日以内のことが殆どです。

これだけでも待つ時間が大幅に短縮されるので、働いた実感がわいてきて次へのモチベーションアップにもつながります。ただし気を付けたいのが、給与の前払いシステムを使って申請しても、全額支払われるとは限りません。というのも税金を差し引きする場合があったり、手数料がかかることがあるからです。

これらを考慮して全体の7割程度を前払いするなどの条件があります。これを自社で計算して行っていると手間が多くて間違いの元です。しかし、給与の前払いシステムであれば、様々なケースで計算されていますので安心して利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *