給与前払いシステムの運用

給与前払いシステムとは、決められた給料日よりも前に給料を受け取れるようにする仕組み、あるいはそれを可能にするコンピューターシステムという意味です。

別に特別なコンピューターシステムが必須というわけではなく、手計算であっても運用は可能ですし、小規模な会社ではそのようにしているケースもあるでしょう。ですが、手計算で行うのは事務処理が大変です。そのため給与前払いシステムをコンピューターアプリケーションとして導入するケースも増えています。

従業員、とくにアルバイトなどにとっては、このようなシステムを導入している会社に勤務できるというのはありがたいはずです。給与前払いシステムを導入するにはやはりある程度の費用がかかることは覚悟しておく必要があります。ですが、その費用はあまり高いものではなく、求人募集に応募してくれる人の増加や、離職率の低下という結果につながることを考えれば安いものと言えるかもしれません。

費用に関しては安いものであれば無料に近いレベルのものもありますが、安ければ安いほど良いというわけでは決してなく、会社によってはサポートが手厚いほうが良いということもあります。また、会社の負担があまりにも安くて済むものは、従業員側に利用手数料という名目でシステムの費用を負担させているケースもありますから注意が必要です。あまりにも利用手数料が高いものは当然ながら不満につながることになってしまうからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *