給与の前払いシステムとは何か

給与の前払いシステムなど何か不謹慎な仕組みのように思われるかもしれませんが、昨今の人材確保難の時代にあって、求職者に対するメリットを大いにアピールできるということから、例えば小売業や飲食業など、アルバイトやパートタイマーの確保が大きな課題になっている会社において導入する会社が増えてきています。

もちろんいくらメリットをアピールできるといってもコストや労力があまりにも増加しては無理があるでしょうが、コンピューターシステムの発達により納得の行く価格で、しかも会社側の労力増加はほとんどない状態で導入できる給与前払いシステムもあります。給与の前払いシステムとは、既に働いた分の賃金について、会社所定の給料日を待つことなく支払ってもらうことができる仕組みのことです。

極端なことを言えば、本来は月給制の会社であっても、日払いで給料を支払ってもらうようなことも可能になるわけです。誤解があるといけませんので書いておきますが、明日の分の給料を今日支払ってもらえるというような意味での前払いではありません。

あくまでも、既に働いた分の給料を、所定の給料日以前に払ってもらえるというシステムに過ぎません。今ではスマホなどからでもシステムにアクセスすることができ、労働者自身がごく簡単な操作で給与の前払いを受けることができる仕組みも多くなっています。この場合、会社側の負担はほとんどない状態でシステムを導入し、運用することも十分に可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *