給与前払いシステムの概念

給与の前払いシステムは、従業員が働いた分の給与を支払日前に受け取れるようにするものです。

給与支給日は毎月何日と決まっていますが、これより前の日に、従業員の申請によって一定の割合の金額を支払うシステムとなります。冠婚葬祭などが連続したなど出費が大きくなり、急に現金が必要な際に便利なものです。

このシステムをサービスとして行なう会社は、申請があった金額を申請者が勤務する会社に代わって立て替える仕組みで、事前に契約しておく必要があります。これにより企業は前払い用の金額を用意しておく必要がなくなり、経営上の圧迫がありません。申請者である従業員はサービスを行なう会社に事前登録し、暗証番号やシステムにログインして前払いシステムのサービスを受けることになります。

これで従業員はスマートフォンやPCを使って24時間365日申請することができ、その都度サービスを行なう会社によって設定されている手数料が差し引かれ利用できることになります。その後、立て替えた分の金額を勤務している企業に請求、サービス会社に入金するということで前払いが完了します。

近年、給与は働いたらその日に欲しいというニーズが増えていて、前払いシステムはそれに近いものと言え、これは労働者にとって高いモチベーションをもたらすものです。実際このシステムを導入した企業の離職率は下がり、労働力の確保に繋がっています。また労働者にとっても利便性が高いため、昨今では福利厚生の一環でこのシステムを導入するケースも増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *