給与前払いシステムとは何でしょう

給与前払いシステムとは、従業員が実際に働いた分の給料の一部を従業員が希望した日に支払ってもらうシステムの振り込んでもらえるシステムです。

これは給与の前借と決定的に違うことが決定的な違いです。急に現金が必要になったとき、カードローンなどを使わなくても済みますから、従業員の企業に離せない副業や掛け持ちやサラ金などの金銭問題も起こりにくくなることが企業にとっても従業員にとっても有用なものです。給与前払いシステムのメリットは三段階に分けて考えると理解しやすいでしょう。

まず、実働分の給料を日割りして給料日前に支払ってもらえることです。これは従業員にとってはすでに働いた分の権利ですから問題はありません。次に、支払いを受ける方法が様々であることです。当然の権利としての給与を従業員が様々な方法で企業に頼みます。具体的にはパソコンやスマホからでも手続きできるシステムもあります。最後に、決済があります。当然の権利を一定の手続きで申請し、後は支払いを待つだけです。これは、企業の福利厚生としての役割も担います。給料の前借を希望する従業員は少なくはありません。

このことが給与前払いシステムを企業側が導入する動機があるのです。現金が必要なとき、仕事の掛け持ちや、キャッシングをせざるを得ないという状況は、社員の不満につながり、離職の原因にもなります。企業は一時的に資金繰りが悪くなりますが、このシステムは優秀な従業員の確保や採用希望者の増加といった企業にとっては最も必要な人材確保となります。
給与の前払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *