給与の日払いシステムのメリットとデメリットとは

給与の日払いは従来は工事現場のアルバイトや水商売などの世界では当たり前でしたが、一般の企業ではほとんど行われていないもので、また一般の会社で働く人はこのような対応は絶対にしてもらえないと考えていたものです。

しかし近年では一般の企業でも従業員の要望に応じて日払いに対応するところが増えている傾向があります。その背景で重要となっているのが日払いシステムの存在です。給与の日払いは企業にとって大きな問題となることも少なくありません。企業の多くは給料日まで従業員の給与を銀行などに預金しその利息を運用していることが多いものです。

従業員数が多いほどその金額も大きなものとなるため、短期間であっても利息は大きな金額になることが少なくありません。また大口の契約の場合には毎日利息が計上される仕組みとなっていることが多いため、日払いをして利息が少なくなるほか、給料日前に手持ちの現金が減る事は企業のキャッシュフローにおいても非常に重要なダメージを与えることになります。

しかしその反面近年の人材不足により、より多くの人を雇用したい企業側では、不景気の折すぐに現金が欲しい人にも就職の門戸を開いており、積極的に採用する傾向が強まっています。日払いに対応することで優秀な人材を得ることができる可能性があるためです。

そのため最近では日払いシステムを利用した給与の支払いも広く利用されています。日払いシステムは従業員が申請するだけで給料が日払いで受け取れるのが特徴で、金融機関等が運用する仕組みとなっているため、企業のお金には一切影響しない点がポイントです、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *