給与の前払いシステムのメリットとデメリット

給与前のピンチの時に助けてくれるのが前払いシステムです。

前借りという言い方もしますが、勘違いしやすいのが勤務先に借金をすると思っているところです。前払いシステムとは、すでに働いた分の賃金を給料日前に受け取れる制度の事を指しています。あくまで働いた分であり、まだ働いていない分が貰えるわけではありません。最近では従業員のニーズに応える形で導入する会社も増えてきています。

しかし企業側で前払いシステムを管理するのは、負担も手間もかかってしまうのが難点です。そのような自体に応える形で、手軽に利用しやすいサービスも登場しています。給与の前払いシステムのメリットといえば、必要の金額を任意の時期に受け取れるところです。自分の都合に合わせて自由に受け取れることは、働く側にとっては大きなメリットといえます。同時に企業側にとっても従業員の労働意欲や満足度を満たすことは、人材確保につながるメリットとなります。

注意するべきことは、サービスを提供する提携銀行や企業によって申請期間が異なる点です。サービスによっては、全ての希望が通るとは限りません。そういった情報もあわせて従業員に伝えておく必要があります。また、このサービスを利用する際にかかる手数料が高いことも留意しておきましょう。便利なサービスではありますが、給与の前払いシステムはあくまでも応急処置的な役割として運営されています。当然ではありますが、本来の給料日には差額の分しか受け取れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *