給与の前払いをスマートフォンのアプリで申請

最近注目を集めている、スマートフォンのアプリを利用して給料を前払いで受け取れるというサービスは、徐々に広がりを見せています。

給与の前払い(前借り)は昭和時代や平成時代にも普通に見られる制度でしたが、経理に書類を提出したり上司の許可が必要だったりと煩雑な手続きが必要なものでした。しかし手軽にスマートフォンを利用して申請できるこのアプリの登場で、若い世代の人たちに注目されるようになっています。この給与前払いアプリを採用する動きは、拡大傾向にあるものと見られます。企業側にとっても、人手不足が問題化する現状においてアルバイト従業員を集めやすくなることが、その背景にあるものという分析がされています。

また、利用する場合には従業員か会社側のいずれかが手数料に相当する金額を支払う必要があるために、金融庁はこのアプリの利用方法には注意が必要であると呼びかけているので、その点は注意が必要です。給与前払いアプリの中で先駆けの存在として知られているのが「ペイミー」です。実際にこのアプリを導入した飲食店では、人材の確保に有効であるという実績がみられました。

大手企業でも導入の動きがあり、働いた成果を金銭ですぐに得ることができるという点を魅力としてアピールする動きも出てきています。手数料の支払い方や、前払いを多用することによるリスクなども十分に理解した上で利用を推進することが求められます。いずれにしても、新しい働き方や給料のもらい方の選択肢として定着していく可能性が高いアプリと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *