給与の日払いシステムのメリットについて

これまでの通例では、企業で働いて得られる給与は、月締めで一か月分をまとめてある指定日に会社から受領するという流れが一般的でした。

しかし最近の傾向としては、給与をもらう側からの要望も多岐にわたり、働いた分だけ前払いで受領したいと希望するケースや、日払いシステムを導入してほしいと希望するニーズも多くなっている時代です。このような多岐にわたる要望に対して、対応できるソフトが最近は増えてきています。日払いシステムや指定日数分の給与前払いなどの対応を自動的に行ってくれるソフトが提供されていて、便利に活用できます。

中には、無料で利用できるサービスなども増えてきています。給与を受領する従業員側は、スマートフォンなどからアプリで前払い、日払いを申請すると、そのデータが自動的に企業ホストデータに反映され、従業員の給与口座に自動で振込処理をしてくれるという大変便利なツールが出てきています。

このような日払いシステム、前払いシステムを導入するメリットとしては、第一に求人活動の際のセールスポイントとして求人募集を有利に進められることにつながることが考えられます。最近は売り手市場になっているので、企業側の人材確保は重要な検討事項です。このシステムを導入することは、求人募集を行ううえでメリットとなりえます。第二に、人事担当者の事務処理軽減効果が挙げられます。各種手続きや銀行振込まで委託することができるので、業務負担を大いに軽減できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *