給与の日払いシステムとは?

給与の日払いシステムとは企業が主に正社員を対象に行なっている、福利厚生制度の一種です。

給与の日払いシステムの具体的な仕組みは、企業によってそれぞれ違いがありますが、多くの会社では社員が希望するのであれば手数料と引き換えに、月給の一部を前払いで渡すという形にしているところが多いと言われています。企業が独自に運用している場合もありますが、大抵の企業は勤怠管理システムなどを提供している業者が仲介に入る形で、その処理を行っています。

給与の日払いシステムのメリットは、社員が事故や急病などの突発的なアクシデントに見舞われた際に、手元に現金がなくても定額貯金を解約したり、消費者金融に借金をするといった望ましくない形の金策をしなくても、突然の出費を切り抜けられるということです。現代の労働者は雇用環境の悪化や給与の低賃金化のせいで30代や40代といった、かつてなら最も経済的に余裕のあった世代ですら貯金がない、あるいはほとんどないという家庭が珍しくありません。

そうした労働者にとって日払いシステムは手数料こそ取られるものの、急場をしのぐのに助かるシステムとなっており、提供する企業の側にとっても福利厚生の手厚い会社として、人手不足が続くなかでも、人材の離職を防ぐことができる双方にメリットのあるシステムとなっています。この制度を利用する場合、手数料が別途発生するため、月払いよりも実質的な賃金は低下する点には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *