給与前払いサービスは日払いシステムとして応用できる

企業がアルバイトやパートを採用する時に、応募人数が増えるキーワードとして「日払い」があります。

国内大手のアルバイトの求人サイトの調査では応募数が3.7倍になったという調査もあり、人手不足の企業にとっては取り入れていきたい支払い方法です。経理業務を担当している側からすれば、アルバイトが日払いになると毎日支払い業務を行う必要があり、短期のアルバイトなどを大人数雇用した場合、経理業務に携わる人数を増やしてもらうか、日払いシステムを導入してもらわなければ通常業務を行うことが厳しくなってしまいます。

給与前払いサービスには日払いシステムとして使えるものもあります。勤怠管理や給与の計算サービスと連携しているものもあり、勤怠のデータをサービスを提供している企業に送れば、給与の計算をし、引き出せる金額を確定することができます。日払いシステムとして活用すれば、実際に支払うのは月末であっても、アルバイト等の雇用されている側は申請をすれば支払日前でも引き出すことができます。

どのくらい給料日に貰えるのかが、アプリで確認することができ、申請もアプリで行うことができるので便利です。困った時にも対応してくれる企業で働いていると思うとやる気にも繋がり離職率にも影響します。全てのアルバイトやパートが利用するわけではありませんが、福利厚生の一つとして導入する事で採用に関わる費用や経理担当者の負担が大きく変わるので導入する企業も増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *