給与日払いシステムのメリットやデメリット

給与の日払いは派遣業務や現場を移動する食品、アルバイトにはなじみのある支払スタイルです。

1日働いて仕事終わりに給料を手渡ししてもらえます。最近は企業で働いている従業員でも可能になってきています。月給製が完全に日給制になったというわけではなく、月給の中から任意の日数分を前払いすることが出来るというものです。つまり給料日よりも先に一部を日払いで引き出せるという仕組みになります。会社によって6パーセント程度の手数料はかかるものの、急にお金が必要になった場合には有効です。会社によっては限度額が決められています。

この新しい試みを可能にしているのが給与日払いシステムです。この給与日払いシステムを導入するメリットとしては、日払いシステムによっては、スマホの操作だけでお金を引き出せる場合もありかなりお手軽です。経営者側からするとすでに働いてもらった分の給料を前払いしているだけなので、持ち逃げ等のトラブルにはつながりにくいです。

このシステムを取り入れているということは、福利厚生が手厚いイメージがつき、人材確保がしやすくなる側面もあります。結果的に離職が減るという副次効果も出ています。デメリットとして考えられるのは、従業員側からすると手数料がかかってしまうという点になります。頻繁に利用すると査定の際に良い印象をもたれていないのではと不安になる場合もあります。経営者側は初期導入の際に費用がかかったり、セッティングの手間がかかるというデメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *