システムのセキュリティ強化

企業がコンピューターシステムを構築し、運用していく際に、最も気をつけるべき事は、サイバー攻撃によるサーバのダウンやパスワードの総当りによるサーバへの侵入などのシステムの脆弱性を突いたクラッカー行為、情報の漏洩です。

これらの原因の多くは、コンピューターシステムに何らかの脆弱性がある事であり、その部分から侵入されたり、サーバが踏み台にされて他のサーバへの攻撃に使われたりします。その為、システムを安全に安定して運用していくには、セキュリティ強化を図っていくのが有効です。脆弱性などの発見には、ペネトレーションツールと呼ばれるサーバやネットワークに対するテストを行えるツールを使って行われます。

ログを確認したりする事によって、不正なアクセスの発見、ウィルスやワームなどの発見を行えます。これらの問題点を発見すれば、システムのセキュリティホールを塞ぐと言った対策を施して強化を図ったり、ワームやウィルスの駆除ソフトの適用やファイヤーウォールの強度を引き上げたり、不正に利用されているポートを塞ぐといった事が行えるでしょう。いかに早く問題点を見つけて、迅速に対応していく事が問題を拡大しない為の重要なポイントとなってきます。

企業では、ネットワークによって各部署のファイルサーバやクライアント端末に接続されていますので、被害が広がらないようにする必要があります。高速な回線を使って、データのやり取りが出来るようになり、高速で業務処理を行えるようになった反面、セキュリティ強化は必須になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *