システムのコストについて

システムにはコストがかかります。

しかし、漠然と考えても正確なコスト計算は難しいと言われています。システムには主に運用コストと保守コストがかかると言われています。運用コストはシステムを稼働させるために必要な経費であり、人件費、ハードウエア、電気代などがかかります。また、保守コストについては障害時に対応する人件費、障害時に補償金が必要な場合もあります。

社内で使っている場合には運用コストと保守コストを一緒に考える場合も多いですが、障害時と通常運転時の担当する人員が異なる場合も多く、正確な人的コストを算出するのはとても難しいと言われています。また、ハードウエアについては物理的サーバを購入したり、リースしている場合は計算しやすいですが、クラウドを利用している場合には適切に設定しないとコストが余計にかかっているシステムも多くあるようです。

また、ハードウエアについては故障時に部品交換などが必要になる場合に保守に入っていることが重要ですが、入っていない場合には突発的にコストが掛かってしまうため、予備費として計上するシステムもあるようです。コスト削減が必要な場合が多いですが、予めしっかりとコスト計算をした上で予算を作らないと、後から適時修正しようとしても直せないことが多いので注意が必要です。また、会社側としては数年後にあるであろうハードウエアの更新、または、機能追加、修正のそれぞれの予算を準備することも必要です

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *