システムテストの自動化

システム開発でテストはコーディングよりも面倒で大変なものと考えられがちですが、テストの自動化を進めればシステム開発において工期の短縮、コードの質の向上が図られます。

自動化には専用のテスト用フレームワークを利用するのが一般的です。テストにも専用のフレームワークであるJUNITなどが利用されることが多いのですが、それらのテスト用のフレームワークも自動化に対応したバージョンが用意されていることが多いようです。自動化のフレームワークでは単体テスト、ユニットテストを設定に応じて自動で行います。

テストは専用のサーバが用意されることが多いですが、市販のPCでも対応できます。テスト結果はそれぞれメールで送られたり、社内専用チャットやTwitterなどに送信することも可能になっています。また、テストについてはログも残っており、各モジュール事の成績も分かるようになっています。テストの自動化はシステム開発において人員の削減が図れますし、変える際にテストを設定して朝確認するということも可能になっています。

また、テストが通りづらいモジュールについては人員を追加するなどの進捗管理にも使えるデータです。テストはプログラマの負担となりやすい分野ですので率先して自動化を図り、プログラマの負担を減らすことでコーディング量を増やしてプロジェクト全体の能率アップに努めることが大事です。また、テストをしっかりすることはシステム全体の品質向上につながります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *